teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 日本の脳科学者はこの程度(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


少し古いですが・・・3

 投稿者:藤原正文  投稿日:2015年 2月 5日(木)22時48分1秒
返信・引用
  この文章は奈良先端大学の或る教授に宛てたものですが、もう8年も経過すると今は奈良には居ない人です。勿論ですが、大学教授です。


 私は貴方のことをインターネット上で調べると秀才であることが直ぐに感じたものです。私は全てを知らないが、日本の科学未来を見せる人間が本当に私の脳に関係し人体実験していたのかと首を捻った。若い優秀な人材を多く起用したのか、横並びに貴方と同世代の人間達が私の脳細胞に群がっている事実は悲しい姿だ、植村俊亮教授・宮崎純教授、更に続々と名前が判明している。私に名前を教える者が居る以上は信じる事に懸命だが本当の真実は暗い底の中に埋もれている様だ。貴方も東京に来ていたのだろうか、それとも名古屋だけの仮面の下に隠れた研究者なのだろうか、拝顔すると信じられない程に勤勉と心豊に見えるのが不思議です。私は理解を必要としない日本全国のジキルとハイドは堆く巌のように力強く生きて鼓動が脳に厭らしく聴こえて来るよ、宗教を過去に忘れた人間のようだ、貴方が悪いのじゃない少しは罪深い心を抱ける人だろう目の優しさが両親の躾と環境の全てを見せている。驚いた筈だ、電波が脳に触れる世界で一人の人間を知ってテレパシーは面白かったですか、現在も進行中か過去形なのかは判らないが、心に痛む事ない実験者達の一人なのは真実だろう。長文を必要としませんが、先週に私は検事に手紙を送付しました。その内容の中に奈良先端技術大学のことに触れ貴方のことにも触れています。事後処理みたいですが、念の為に申し上げて置きます。奈良も同様かと思案しますが、学長も黙認していたと思う所です。国立大学を何と考えて居るかは知りませんが、この問題は大きな国家的な事実と受け止めて頂きたい。
 倫理観念を喪失した人間が科学者と云えるだろうか、一般的に無理が生じる筈です。貴方には私の過去に何が存在しているか知っていますか、多分知らないと思う。今から40年前の事実を貴方に教える人は居ないと考える訳です。私は超能力者では無い、脳細胞に電波(電気)を感応する脳体質の持ち主なのです。苦難の途を簸居られているが負けることが出来ない事情が有ります。東京大学や京都大学の関与も否定出来ない事実が如述に存在している。後は検事次第ですが、奈良先端技術大学の博士や教授も一変する犯罪事実と受け止めて下さい。飯田元教授のことも色々と調べましたが、これ以上は範囲以外のことのようです。検事が直接に貴方のところに行く事は無いと思いますが、知る事実が存在していれば話して下さい。
 データペースは面白い学問ですか、若い人間と巡り会いたかったと思います。少しだけ私自身のことを書くと脳体質が他人と大きく異なる点です。勿論グリアや海馬も違うと思うのです。私がテレパシーを嫌うのは会話の内容ですが、この実験方法を構築した人は最初から間違った方向を向いて奔ったみたいですね、様々な実験をされたが、発表出来ない事情は犯罪事実の隠蔽工作に現れている。
 時間が無いので筆を止めますが、本当に若い世代と世界に出て見たかった。
 ウーウー無念だ、グリアが泣いている。ガクン


                                 藤原正文
 
 

少し古いですが・・・ 2

 投稿者:藤原正文  投稿日:2015年 2月 5日(木)22時41分13秒
返信・引用
  ジャス様に
少し詳細に書くと私の脳体質に磁力が存在していると判断した時点で大学教授達は人体実験を始めたようです。その方法は私の記憶の中から甦らせると様々ですが、本人に意識をさせない事に重点が絞られた訳です。従ってインフォームド・コンセントをしないと云う事です。意識と脳は密接な関係で成り立っています。医学の脳神経科学者や解剖学者が何人も関係していますが、誰がその実験方法を編み出し構築したのかは私自身も知らないのです。物理学者や脳科学者と哲学学者の実験方法論だったのかも知れませんが、実験は私の少年時代から秘密裡の暗黙に処理し試行されたものです。私にその事実を教えた人も数年前に居たのですが、何故か現在は連絡をしてくる事が有りません。私は室蘭工業大学の直ぐ近くで育ちましたが、室蘭工業大学の教授や博士達は深く関係しているのです。それに伴い北海道大学など全国の有名大学の教授や博士が参していた事実を私は把握しています。要するに研究者達は私の脳開発に夢中になり人間性を否定してきたのです。それも40年以上に亘り実験の成功を夢に見ながら本人に何が起きても成功させるという意識が強かった様です。大学の名誉教授が著しく関係していますが、過去に遡ると既に逝去した各大学の名誉教授達が参集していたものと思案する事が出来ます。この事実は平成10年に私の脳に群がる実験者の存在を知り得た時から私が色々と調べた結果に顕著に見えています。テレパシーが出来ると過去の博士達が考えたのか、脳内の脳領域に存在する不思議な現象を追い求めたかは今の段階では解かりません。テレパシーは私に取っては非情に嫌な存在ですが、この相手となる機器装置(発振機)に携わる人間達の行為が悪質性に富んでいて言葉も許しがたい程の汚さです。それは実験方法の特徴で罵倒する事で脳意識に抑揚と発奮を促す脳意識作用の脳神経シグナルの脳メカニズムに関係するからですが、成功後に何故にまで追い込むかに関しては実験が犯罪性を帯びているからです。私は脳梗塞に平成10年に罹病していますし、後遺症にも若干ですが苦しんでいるのです。問題は脳梗塞になり倒れた人間に対して其の後も継続し実験を継続した事が大きいと思うのです。確かにテレパシーや脳内映像は平成12年の5月に成功しましたが、関係する人脈の中に宗教人もいる事実です。詳細は次ぎの機会に説明しますが、創価学会の創立した創価大学の関係がこの成功と実験者の全てをどん底の泥濘の中に埋没しています。日蓮正宗の僧侶も関係している訳で有りますが、大学教授や博士にもそれぞれの宗教が存在しています。宗教人が犯罪者になる事に危惧感を募らせているのです。
実は私が犯罪者で在る事も大きな問題なのですが、この戦いに私は負ける事が出来ないのです。それは両親や血脈に系譜する人間を悉く実験されているからです。鬨の声を高らかに上げたいのです。頑張りますよ、何処までも行き着く処まで行くのです。私は死を恐れては行けないのです。既に私の近親者の自殺も存在しており、全てを遣り尽すつもりです。
ジャス様に私の心境を知って戴く事は大変と難儀ですが、私は脳科学者のモルモットにされた事は人生も滅茶苦茶にされたと同然です。
またメールしますね、
参考までに私を人体実験した人間達は平然と各大学の教鞭を執り講義をしていますが、何れ暴露しますので去って行くでしょう。
情報処理学会の役員に列なる教授や一般人が実験者でも有ります。インターネットで見て下さい。東京支部や関西支部の履歴は消えていますが、それは私が調べ始めて消したものです。ノーベル受賞者の関係も視野に入りますが、私が他の人間と成功すれば全ては全滅ですよ、ジャス様にも出来ると思います。電波工学に詳しければ大丈夫ですし、私自身がジャス様の前で実際に誰にも鳥にも聞く事の出来ない高周波を聴いて見せましょうか、私は電波工学知識の存在する人間を探しています。ジャス様の友人に居ませんか、直ぐに世界が目の前ですのでアタックして見ませんか、ジャス様は私より若くても上でも結構です。他の人間が私の脳を実験すれば良い事です。
私の事を知って頂く為に私が検事宛に作成した文章(180頁)が有りますので住所を教えて頂いた場合は送付いたします。


親愛なるジャス様に

藤原正文
平成15年10月12日記

 

少し古いですが・・・

 投稿者:藤原正文  投稿日:2015年 2月 5日(木)22時37分59秒
返信・引用
  警視総監 米村敏朗殿

告発
 この事実は既に今年の10月に二度に渉り検察庁総長にも願い出ているものですが、平成17年に当時の警察庁総監様にも一度ですが手紙で180頁にして届けてもいます。
 事件は国家機関の関連も見える重大な犯罪事実ですが、その渦中に警察官の関与は犯罪を隠滅する大変な部分を担っています。私に対する殺人未遂罪は重大な犯罪で有る事は誰の疑う事も必要としないものですが、警察官の隠滅工作は私に関係する前途の道を大きく妨げるもので悪質性に満ちていますし、警察官の本分を損ねても居ます。
 内容に関する事実はCD-Rに存在する伊藤伸次検事宛の文章に示してはいますが、それは一部分であり全ての事柄は捜査することで御理解を得られると考えています。検察庁総長や検事正に関する文面もCD-Rの中に有ります。それほど事件は重大事と考えて頂けると感謝致します。警察は犯罪者の逮捕を目的に考える訳ですが、何時までも逮捕されずにいる犯罪者は迅速に処理されるものと思うのです。警察官に関する事実は職権外行為の事実であり、隠滅工作なんてとんでもない話です。証拠は充分に存在している訳であり犯罪の証明は確かなものです。
 依然として私の脳細胞神経回路に対する人体実験は継続されている事実もあり寧ろ現在は私の死亡を組織的に狙いを持って望んでいる事実も存在しており科学者意識とは反意するもので犯罪を逃れる為に色々と犯罪行為を繰り返していて国立大学・私立大学の全国的な脈絡を連携していると考えています。
 この文章には余り事件の事を詳細に説明する必要性は無いと思いますが、私には人殺しは出来ない訳であります。然し乍ですが、この私達の家族を実験対象者として半世紀も継続した事実は真実であり私にも何かの反撃があっても良いのではないかと考えるのです。相手は有名な科学者もいれば無名の科学者も存在していますが、大学の博士達の連携は犯罪隠滅の為に今は私を陥れる事に懸命です。それも全国的なものである事を理解して頂けると感謝致します。
 事件の証明事項は色々と存在していますが、中でも国立大学の関係は人間の良識を遥かに超えた軌道を逸した脳科学実験ですが、その資金は国家から各大学の研究室に配分している研究活動資金が人体実験に活用されている事実は疑う必要もないようです。
 何度か私に対する殺人未遂罪に関して警察署に受理を求めましたが、相手が警察官を懐柔している為か私に犯罪歴が或る為か無駄な結果になっています。創価学会が相手の一員として存在している事実は途轍もなく大きいのです。警察官の中にも学会員が居る訳で色々と仲間に依頼している事実も存在していますが、本当にそれで良いのでしょうか、逐一に話すと長い時間が掛かるので要点だけに絞ると私の脳体質は電波を感応すると云う事なのです。それが全ての始まりで在り半世紀も継続されているのです。その点に関する文面は伊藤伸次検事宛の内容に少しですが、書いて有ります。
 相手は大学の脳科学者達だけでは無く色々な人間が関係している事実もあり、私一人の力では到底に敵わない訳です。大学は国立・私立を問わずに全国を網羅しています。
 東京では東京工学院が一番に関係して居ますが、創価・慶應・工科・早稲田・理工・東京・大東・電気・芝浦など多くの大学が参集しています。他の大学も大きく関与していますが、北海道の大学では室蘭工業大学が深く関係している事実を踏まえると東京工業大学などの全国工業大学が関与していると思うのです。その点に関する事はCD-Rの中に色々と書いていますので検討をお願い致します。本心を書くと警察官も平然と悪事をする事なのです。その事に関する文章もCD-Rの中に有ります
 警察官が私の資料を隠滅する事は犯罪ではないのですか、どこに正当性が存在しているのでしょうか、この事実は大変な問題で事件の根源に触れて来ています。
 豊島登記所の隠滅工作は犯罪ではないのですか、登記所は国家機関の法務省が管轄ですが、そこで隠滅工作がされている事は国家に対する犯罪行為ではないのですか、この点に関する資料は充分に存在しておりCD-Rの中に入れています。世間から見ると大変な問題で在ると同時に事件であると判断して頂けると考えています。
 犯人の特定は頗る簡単です。隠蔽目的が私に関するものである為に関係者を調べる事で明快な回答を得る事が出来ます。
 私がされた事実は犯罪で在る事は一目瞭然であり司直の捜査が一日でも早く着手してくれる事をお願い申し上げたいのです。
 同封するCD-Rには色々と書いていますが、全ては真実で在る事を認識して頂けると思います。
 警視庁総監に直接を以って手紙を書いた無礼を深くお詫び申し上げます。

色々な処に手紙を書いていますが、盗まれてもいますので可なりの人間が関係している事実も存在している様です。警視庁内部にも居るのでは無いかと疑心暗鬼になっています。



平成21年11月29日記



大阪府大阪市西成区太子1丁目6-14

藤原正文
今年の10月から報道関係各社30社以上に色々と文章とCD-Rを送っていますが、何故か悉く届いていません。巨大宗教が関係している事を考えると何でも出来ると思っていますが、そこまで事件の核心は大きいものと判断して頂けると理解は速度を増すのではないでしょうか、宅急便で送りますが、控えは私の手元に有りますので警視庁総監に送った事実も報道関係社に知らせる予定です。



 

無題

 投稿者:藤原  投稿日:2014年12月12日(金)14時00分9秒
返信・引用
  管理人様に…
 脳科学とテレパシーのことに関して色々と書きたいことがありますので宜しくお願い申し上げます。申し訳有りませんが、本当に宜しくです
 

テレパシーに関して

 投稿者:大橋代理  投稿日:2010年 9月22日(水)02時31分20秒
返信・引用
  そのテレパシーの件ですが、多分ですね、私の大学(工学院)が関係しています。今年まで居た小宮勤一教授が今凄い事をしていると言っていたので聞いて見るとテレパシーの成功だから画期的な実験だと云うのです。然し、突然に大学から神奈川工科大学に移行したので変だと思っていたのです。要するに犯罪性が顕著な事をしたと思います。貴方様の指摘する内容に頷くのです。参考までに飯田元教授は平然と大学にいます。貴方様の文章は以前に(平成18年)に拝見していますが、今思えば当事から大学内では色々と在った様です。学長も関係していると思いますが、工学院だけでは無い事を理解して下さい。  

テレパシー

 投稿者:養老者  投稿日:2010年 9月22日(水)00時51分43秒
返信・引用
  突然にメールすることに私なりに思案する処ですが、先生様の活躍を眼にすると考えなくてはいけないと思うのです。
 テレパシーは世界で初めての画期的な地球開闢以来の大成功ですが、そこに複雑な事情が含まれて居ることから発表出来ない日本の科学者の愚かな脳科学理論が存在しているのです。
 私は中学もロクに出ていない人間ですし、増して科学者の思案などは到底に理解出来ませんが、私の脳細胞が電波感応体質だった事が一番の問題点となっています。更にこの日本の科学者は組織的な構築を既に作り上げていることも大きく前途を塞ぐ形になっています。
 この日本ではテレパシー等の成功を発表することが困難ですが、同様なことを韓国の大学でも実験していると考えるのです。脳電極の測定技術は日本だけのものでは無く海外の各有名大学が実践している訳です。日本の脳科学者も海外で研究員として学んでいますが、韓国の大学(ソウル大学等)は同様な研究員や客員教授として活躍しています。
 私には知識も無く全くの無知に等しいのですが、脳細胞神経回路に電波を感応すること(テレパシーでの会話)は毎日のことです。
何とかしたくても出来ない自分が居る事実に困難な生活を余儀なくされています。勝手に私の脳細胞に話し掛けてくる毎日ですが、言い返す事も出来ます。驚くのは私の考えることが相手に解ることです。相手は脳電極イオンチャンネルを捉えたことから直ぐにアラン・ボブソン博士達が考えた脳電極キャップを作り上げたものと推理出来ますが、現在の脳開発近代機器が精密であることから相手も電極ネットのヘルメット様なものを被っていると考えられます。それが一番の測定方法ですし、一番に理解出来るものです。
私は韓国に行っても良いと考えるのですが、残念ながらお金が無い事も韓国の脳科学者も知らない事が途を閉ざしています。
先生様にはこの脳開発の原理は容易に理解出来ると思いますが、私には誰も支援者が居ないのです。今日までに色々な各大学の脳科学者等にメールをしていますし、報道関係社にも何十社にCD-Rと手紙で文章を書き送ってはいますが、恐ろしいことに全て私の送付したものを盗ることに躍起になっている人間達がいるのです。創価大学の関与が大きいとは思いますが、情報処理学会の様な組織が蠢いているのは事実です。
私の脳細胞神経回路が電波感応体質なら私の血筋(両親・姉・甥姪)などにも色々としています。親戚にも同様かと思いますが、それは人間として科学者として恥じることの無い姿です。
先生様の力を頼りに何とか出来ないものかと考えるのです。私の鼓膜に手で触れると電波の震えが伝わります。それ程に電波感応が優れている訳ですが、日本ではこのテレパシー等の発表は出来ない事を思惟すると海外の科学者に夢を馳せるのです。
私を実験の対象者にしたのは色々な大学の名誉教授等ですが、名の在る博士達が参集しています。
東京では東京大学・慶應義塾大学・電気大学・明治大学・大東大学・帝京大学・東京工業大学・芝浦工業大学・日本大学・埼玉大学・創価大学などの多くの大学が関係しています。勿論ですが、全国的なものであり国立大学・私立大学などは各学会の組織を活用しているようです。従って私個人の力では到底に無理なのです。最高検察庁総監などの手紙も盗ることが出来る人間達なのです。
私がされて来た事を説明できますが、メールでは限りが存在しておりA4で180枚の文章は入らない訳です。それも一部分にしか過ぎませんし、問題解決の為には正当性の在る科学者と巡り合うことが重要だと考えています。
そこに海外に眼が行くのですが、アメリカでも韓国でもこんな脳科学理論などは存在しないと思うのです。
テレパシーが成功して10年ですが、一日も休むことなく今日まで来ています。ある脳科学者が超伝導量子干渉装置で私の脳を実験した場合は一発で成功するものと考えています。全てはニューロンの世界ですが、最近は盛んに私の心臓に電波を送る事に躍起になっているのは重大な事件に発展することを恐れているからですが、それでも私は耐えなければならないのです。「ホモンクルスの小人」の実験にも成功しているのです。
先生様に興味が存在していれば私は何時でも自ら実験台の人間に成ることが出来ます。そして韓国に行きますし、色々とやって見たいと思うのです。
今日はメールを突然にした無礼を御寛大な気持でご容赦下さい。

必ずテレパシー等の実験は成功すると思いますし、世界の脳科学を変えると思うのです。
先生様の視野の下に一度でもご検討を賜りたいと願う次第です。

日本にテレパシーに成功した人間が居た事を知って頂けるだけでも感謝致します。
 

レンタル掲示板
/1