teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


わいわいガヤガヤ ルーツ探しの旅

 投稿者:大草 茂(宏之)  投稿日:2017年12月15日(金)21時11分45秒
   前項での根拠の一つは、現在に残る地名です。
1.及び2.項に関しては:
 愛知県額田郡幸田町大草
 愛知県小牧市大草
 愛知県知多市大草
 愛知県宝飯郡(豊川市)御津町大草
 (静岡県島田市大草)
3.に関しては:
 長野県上伊那郡中川村大草
4.に関しては:
 島根県益田市大草町

その他に:
 福島県石川郡浅川町大草
 福岡県山郡(みやま市)瀬高町大草

皆さんも、他にないか探してみてください。
 
 

わいわいガヤガヤ ルーツ探しの旅

 投稿者:大草 茂(宏之)  投稿日:2017年12月12日(火)21時13分32秒
   大草一族のルーツは一つに収れんすると言われていますが、私は四つのルーツに分かれるのではないかと考えています。
1.「大草公継」を初代とする一族:江戸幕府の旗本となる。
2.信州小笠原氏の末裔で三河大草郷に移住した一族:江戸幕府の代官となる。
3.信州高坂(香坂)氏と関係の深い一族:後北条氏の家来筋となる。
4.島根県益田市をルーツとする一族:後に大内氏の家来筋となる。

 各項目の詳細については後日送信します。皆さんも考えてください。
 

わいわいがやがや ルーツ探しの旅

 投稿者:大草 茂(宏之)  投稿日:2017年12月12日(火)20時57分42秒
   前にも断片的に送信しましたが、我々の徳島県神山町大草一族のルーツがほぼ判明しましたので、参考送付します。
 我々の12代前で初代の「大草作太夫」は1701年没と墓碑に刻まれています。このような江戸時代初期の平和な時代に、何故神山町に移り住んだのか不思議でしたが、以下の事実が判明しました。
 阿波藩3代藩主である「蜂須賀光隆」に、九州中津藩主である「小笠原長次」の娘「金姫」が嫁いでいます。1655年の婚姻として、長次は40歳、光隆は25歳、金姫は15~20歳、作太夫は(60歳没として)15歳となる。年齢的に見て作太夫は金姫が蜂須賀家に嫁いだ時に、これに同行した父又は叔父に随行した可能性がある。(大草一族は小笠原氏の家来筋であることを前提)
 光隆の弟である「蜂須賀隆矩(唯月と号す)」は、蜂須賀家の家老である「池田内膳」の養子となるが、この内膳には今の神山町に領地があり、隆矩が病弱であったため、この地に「唯月公別荘」を建て、養生したとの記録がある。以上のことから、神山町の大草一族(現在は12家)は、江戸時代初期に中津藩から阿波藩に移住し、上記別荘に滞在した金姫に随行してこの地に定住したことが考えられる。現在徳島県に居住している神山町以外の大草家(約20家)は、すべて神山町からの移住者となります。
 

わいわいガヤガヤ ルーツ探しの旅

 投稿者:大草 茂(宏之)  投稿日:2017年12月12日(火)20時13分21秒
  前回の総会で、総一郎さんから「全国大草一族の人脈図」が皆さんに配布されたと思いますが、最新版を作成しましたので、関心のある方は下記のメールへ送信して下さい。返信にて同資料を添付します。
hiroyuki2323@jcom.home.ne.jp
 

確認が取れました。

 投稿者:フリー編集者  投稿日:2017年10月 5日(木)16時32分18秒
  箱崎永田様

確かに確認が取れました。ありがとうございました。
 

 同田貫 追伸

 投稿者:箱柳永田  投稿日:2017年 9月29日(金)21時23分19秒
   すみません、文を書く前に送ってしまいました。
 興味ある内容ですので紹介します。
 同田貫 鍋割り の話の内容が、轡紋の由来の手助けになれば幸いです。
 
 

同田貫

 投稿者:箱柳永田  投稿日:2017年 9月29日(金)20時59分21秒
  http://privatter.net/p/1351281  

国会図書館で調べます。

 投稿者:フリー編集者  投稿日:2017年 9月29日(金)10時38分12秒
  箱崎永田様

国会図書館の蔵書の中に『平氏長田家大河のごとく』がございましたので、調べに参ります。
本当にありがとうございました。助かりました。
 

ありがとうございます

 投稿者:フリー編集者  投稿日:2017年 9月29日(金)09時32分46秒
  箱崎永田さん

ありがとうございます。御礼申し上げます。
 

酒井家の娘

 投稿者:箱柳永田  投稿日:2017年 9月28日(木)22時05分5秒
   遅くなり申し訳ございません。
 私の主張は、長田家の系図によります。
 <平氏長田家大河の如く>by長田隆之 岡崎市図書館蔵 (地下 84番棚)にあります。
 碧南では一般に知られています。
http://www.katch.ne.jp/~hiro32/machi_info/ohama_south/ohama_south12.htm
http://www.katch.ne.jp/~hiro32/machi_info/ohama_north/ohama_north19.htm
 トボトボ歩く 碧南市 byヘボト氏 の記事
 亭主の長田広正は、所領回復運動のため、大草付近に長期滞在しておりましたこともあります、結果 松平元康の名で安堵状が出ています(個人所有)。
 

レンタル掲示板
/24